蔵元の沿革

備前酒造本店は、大正三年に創業。

備前酒造本店は、横手市の北西、霊峰保呂羽山の麓、国の重要無形文化財「霜月神楽」が伝わる大森町にあります。
備前酒造本店という名が示すとおり先祖は備前の国(現在の岡山県)の船乗りであったようです。酒造りは四代前海産物問屋を営んでいた備前才治が、大正三年に創業し、時の貴族院議員土田万助翁により、大森町の中心を流れる大納川にちなみ『大納川』と命名されました。

秋田の酒造り

山内杜氏が育んだ酒造りの技を、守り伝える地酒を製造しています。

純米酒造りを早くから始め、現在も地元産の酒米を使用し、地酒蔵として秋田の地のものにこだわりを持った酒造りを行っております。また、平成四年には、山内杜氏組合の協力による、新たな銘柄「山内杜氏」を立ち上げ秋田の山内杜氏が育んだ酒造りの技を、守り伝える地酒を製造しています。
(山内杜氏は秋田県内のみで販売)

手作りのこだわり

保呂羽山伏流水の井水(軟水)を使用。

大納川の酒質は、保呂羽山伏流水の井水(軟水)を使用し、契約栽培した地元産米を用い、飲みあきのしない淡麗さわくちの味わいです。

手造りの手法を守り丁寧な醸造に徹しています。

手造りの手法を守り、白米は昔ながらの和釜で蒸し、麹はすべて蓋麹にて製麹し、秋田寒仕込みの特徴である長期低温醗酵で醸造し、酒本来の味を崩さぬよう、丁寧な醸造に徹しています。

会社概要

備前酒造本店

〒013-0521 秋田県横手市大森町字大森169
Tel 0182-26-2004 FAX 0182-26-2005
Mail:bizen-@khaki.plala.or.jp

蔵元紹介